• ビジネス文例集
  • 会社議事録
  • 決算書の読み方
  • 【会計、税務、経理・財務に特化した転職支援】ジャスネットキャリア 【経理経験を活かせる人材派遣】ジャスネットスタッフ
    アカウンタンツライブラリー

    (3)収益性分析

    7、人件費には頭が痛い

    @ 販管費をどうするかとは

    日本の場合、営業利益率平均は3%ぐらいです。一方、売上に占める「販管費及び一般管理費」の比率は平均で15%ぐらいで、その6〜7割が人件費です。
    会社が営業利益率を上昇させるには、売上総利益率を高める他販管費及び一般管理費の削減があります。

    A 販管費の中身とは

    販管費及び一般管理費の中身はたくさんありますが、おおむね次のような分類が可能です。

    ・人件費
    ・販売促進のための費用
    ・流通経費
    ・事務所家賃
    ・営業活動をするための費用

    たとえば、販売促進のための費用や流通経費は売上げの増加とリンクして増加するのが普通です。
    このように売上げとリンクして増加する費用を「変動費」ともいいます。
    変動費については、多くの会社では、変動費の単価を下げる努力をしています。

    このように削減努力の果てに、なお残るのは、販管費及び一般管理費の中でも多くの割合を占めている人件費の問題です。

    B 人件費には頭が痛いとは

    人間というのは一度なれた生活水準は下げられないという特性を持っています。
    経済学ではこれを「ラチェット効果」といいます。戦後、日本人の1人当たりの国民所得は上昇し、世界最高水準になりました。

    この事がいまや企業のコスト競争力に深刻な影響を与えています。  今多くの日本企業でリストラ・年俸制の導入・退職金制度の見直し等が進められて、どんどん欧米のやり方を取り入れてきています。

    トップページへ 前に見ていたページへ戻る 前コーナーへ 次コーナーへ
    スキルアップへの近道!ジャスネットの教育サービス「アカウンタンツライブラリー」日商簿記、経理の仕事に役立つ約150動画が見放題! エージェントサービス登録者は月額980円が無料!
    実務Excel講座 基礎編・応用編
    Word原理解明講座
    光速のPowerPoint講座(基礎編)
    エージェント登録者限定!日商簿記3・2級講座が全て無料!
    派遣社員のための経理の教室
    派遣社員のための経理の教室
    派遣社員でもキャリアアップはできます!
    「経理職のキャリア」に関するノウハウを詰め込んだ渾身の一冊。「派遣社員のための経理の教室」の詳細はこちら
    会計・経理の転職ならジャスネット
    コラム
    給与計算実務能力検定 サンプル問題
    「経理の薬」メルマガ登録