• ビジネス文例集
  • 会社議事録
  • 決算書の読み方
  • 在宅スタッフ募集

    (4)生産性分析

    2、付加価値を計算してみよう

    @ 付加価値とはどの部分かとは

    会社の決算書に「付加価値」という項目はありません。
    結論は、付加価値とは、売上高から、商品仕入や原材料仕入れ、外注加工費などの「外部購入費用」を差し引いたものです。

    したがって、当社が外部に支払っているお金と、お客さんが当社に支払ってくれるお金の差額が、当社が生み出している付加価値です。
    よって、売上高―外部購入費用=付加価値といえます。

    A 付加価値の算定方法とは

    付加価値の金額を損益計算書から求めるなら、人件費、賃借料、租税公課、支払特許料、減価償却費、営業利益の合計ということになります。
    これは、いわゆる外部購入費用ではないから、この部分の合計が付加価値の金額に相当します。

    B 付加価値の分配とは

    そこで付加価値として儲けた、そのお金はどこに行ったんでしょうか。
    「ヒト」に支払われた部分は人件費として、「モノ」に分配された部分は賃借料、減価償却料、支払特許料として、「カネ」に分配された部分は営業利益として、租税公課は経営資源ではありませんが、国家に分配された部分といえます。

    C あなたの会社の付加価値とは

    日本企業の平均的な売上高付加価値率は、全業種平均18〜19%、製造業平均で22%強となっています。

    トップページへ 前に見ていたページへ戻る 前コーナーへ 次コーナーへ
    スキルアップへの近道!ジャスネットの教育サービス「アカウンタンツライブラリー」日商簿記、経理の仕事に役立つ約150動画が見放題! エージェントサービス登録者は月額980円が無料!
    「経理・財務」用語集閲覧無料 実務の現場で使える1197語
    スキルアップ動画の視聴無料 経理・実務に役立つ150動画
    実務Excel講座 基礎編・応用編
    給与計算実務能力検定 サンプル問題
    会計・経理の転職ならジャスネット