• ビジネス文例集
  • 会社議事録
  • 決算書の読み方
  • 在宅スタッフ募集

    (3)収益性分析

    4、総資本回転率を分析する

    @ 総資本利益率と総資本回転率とは

    総資本利益率

    上式で、経常利益/売上高を売上経常利益率といいます。
    売上に占める経常利益の割合で、この割合を増やせば、総資本利益率も上がることもわかります。
    そして、売上高/総資本が総資本回転率です。会社の総資本が何回転しているかがわかります。
    ここで1回転とは、投下資本が10億円とすると売上も10億円あったことを意味します。

    A 総資本回転率の分析手順とは

    総資本は、自己資本と他人資本の合計であるといってきました。
    ここで、貸借対照表を思い出してください。

    自己資本と他人資本は、貸借対照表の右側、「貸方」の中身です。
    一方、貸借対照表の左側、「借方」の中身は資産です。
    右と左は一致します。総資本は、全ての資産(貸借対照表の左側)の合計です。

    B いろいろな回転率を出してみよう

    いま、シートを販売する快適商会の総資産は10億円、経常利益は1億円とします。
    総資本利益率は、10%になります。売上高は、10億円で総資本回転率は1回転でした。
    総資産の中身は次の通りです。

    売上債権…2億円 棚卸資産…4億円 固定資産…2億円 その他資産…2億円 合計…10億円

    快適商会のいろいろな資産の回転率は以下のようになります。

    売上債権回転率=5回転 棚卸資産回転率=2.5回転 固定資産回転率=5回転

    快適商会では、調査の結果、棚卸資産を持ちすぎることがわかりました。
    そこで同社は、売れ筋商品の分析と適性在庫の達成、滞留している在庫品の処分などを行い、棚卸資産を1億円にすることに成功しました。
    その結果棚卸資産回転率は次のように10回転になりました。

    棚卸資産回転率=10回転

    それを受けて総資本回転率はこのようになりました。

    総資本回転率=1.43回転

    また、総資本利益率はこのようになりました。

    総資本利益率=14.3%

    こうした、在庫削減という経営努力の結果、快適商会の総資本利益率は、10%から14.36%に向上しました。

    トップページへ 前に見ていたページへ戻る 前コーナーへ 次コーナーへ
    スキルアップへの近道!ジャスネットの教育サービス「アカウンタンツライブラリー」日商簿記、経理の仕事に役立つ約150動画が見放題! エージェントサービス登録者は月額980円が無料!
    「経理・財務」用語集閲覧無料 実務の現場で使える1197語
    スキルアップ動画の視聴無料 経理・実務に役立つ150動画
    実務Excel講座 基礎編・応用編
    給与計算実務能力検定 サンプル問題
    会計・経理の転職ならジャスネット