• ビジネス文例集
  • 会社議事録
  • 決算書の読み方
  • 【会計、税務、経理・財務に特化した転職支援】ジャスネットキャリア 【経理経験を活かせる人材派遣】ジャスネットスタッフ
    アカウンタンツライブラリー

    (1)決算書の作成プロセス

    5、減価償却費の計算

    @ なんとなくわかる減価償却費とは

    決算整理の次の項目は「減価償却」です。減価償却という言葉は、会計に縁がない人でもたいてい聞いたことがあって、なんとなくわかる気がしませんか。

    例えば、会社で車を200万円で買ったとします。貸借対照表に車両運搬具として計上されています。
    車を使いつづけるとすると、車の価格を買った時のままの価額で計上し続けるというのはおかしいですね。

    使う限り消耗するわけですから帳簿上も、適当な年数に渡って車の資産価値を減らしてやる必要があります。これが減価償却です。
    減価償却をする期間を「耐用年数」といいます。(通常ほとんどの資産の耐用年数は税法に規定があるのでこれを用います。)

    さて、減価償却が終了した時も価格が0円になるわけではありません。
    わずかながら下取り価格があるのが普通です。
    よって計算上も「残存価格」を決めます。これは普通は取得価格の10%です。

    車の減価償却計算例

    A 定額法と定率法とは

    減価償却の方法は1つではありません。
    先の例のように、単純に毎年一定の減価償却費を計上する方法は「定額法」と呼ばれます。
    定額法のほかにも、毎期の償却率を一定にする「定率法」があり、次のように計算されます。

    車の取得価格 = 180万円 耐用年数6年の法定償却率 = 0.417(250%定率法)

    1年目の減価償却費
    =180万円×0.417=750,600  (1年後の簿価=180万円−750,600=1,049,400)

    2年目の減価償却費
    期首簿価1,049,400×0.417=437,599(円未満切捨て)  (2年後の簿価=611,801)

    3年目の減価償却費
    期首簿価611,801×0.417=255,121(円未満切捨て)  (3年後の簿価=356,680)

    4年目の減価償却費
    期首簿価356,680×0.417=148,735(円未満切捨て)  (4年後の簿価=207,945)

    5年目の減価償却費
    期首簿価207,945×0.417=86,713(円未満切捨て)  (5年後の簿価=121,232)

    6年目の減価償却費
    期首簿価121,232×0.417=50,553(円未満切捨て)  (6年後の簿価=70,679)

    となり、「備忘価額」の「1円」になりません。
    そこで、法人税法に、「改定取得価格」と「改定償却率」と「保証率」というものを設定し、それを適用すると残存価額が備忘価額「1円」になります。

    トップページへ 前に見ていたページへ戻る 前コーナーへ 次コーナーへ
    スキルアップへの近道!ジャスネットの教育サービス「アカウンタンツライブラリー」日商簿記、経理の仕事に役立つ約150動画が見放題! エージェントサービス登録者は月額980円が無料!
    実務Excel講座 基礎編・応用編
    エージェント登録者限定!日商簿記3・2級講座が全て無料!
    派遣社員のための経理の教室
    派遣社員のための経理の教室
    派遣社員でもキャリアアップはできます!
    「経理職のキャリア」に関するノウハウを詰め込んだ渾身の一冊。「派遣社員のための経理の教室」の詳細はこちら
    会計・経理の転職ならジャスネット
    コラム
    給与計算実務能力検定 サンプル問題
    「経理の薬」メルマガ登録